大分県教育委員会 > 教育人事課 > 報道発表 > 平成30年度大分県公立学校教員採用選考試験(平成29年度実施)について

教育人事課

報道発表

平成30年度大分県公立学校教員採用選考試験(平成29年度実施)について

平成30年度大分県公立学校教員採用選考試験(平成29年度実施)について

平成29年3月15日
大分県教育庁教育人事課

   平成29年度に実施する教員採用選考試験について、以下のとおり「受験資格」の緩和、他県教諭等を対象とする「第1次試験免除制度」の拡充及び「教員採用試験出願方法」の変更を実施しますのでお知らせします。
   また、日程等の試験の詳細は、5月上旬頃に実施要項において公表します。

「受験資格」の緩和

1 概要
  受験者を確保し、大分県の教育を担う優秀な人材をより多く教員として採用するため、受験資格の一部を緩和します。

2 主な変更点
 (1)年齢制限の緩和
    受験資格のうち年齢制限(現行満40歳以下、他県教諭等満45歳以下)について、以下のように緩和します。
    ・全ての試験区分・志望種において、受験資格の年齢制限を大幅に緩和し、
        満50歳以下(昭和42年4月2日以降に生まれた者)とします。
 (2)スペシャリスト特別選考における受験資格の緩和
    スポーツ指導者として優秀な実績を有する者を対象とした、スペシャリスト特別選考の受験資格について、
      以下のように緩和します。
    ・大分県教員採用試験におけるスペシャリスト特別選考に過去出願経験のある者は、
        同じ指導実績であっても再度出願ができるものとします。

他県教諭等を対象とする「第1次試験免除制度」の拡充

1 概要
  実践力に富む優秀な他県教諭等を確保するため、受験しやすい環境を整備する第1次試験免除制度を中学校教諭にも適用します。

2 他県教諭等を対象とする第1次試験免除制度(免除の要件等)
  ・大分県を除く都道府県又は政令指定都市が実施する教員採用選考試験に合格し、県外で正規教員としての勤務期間が3年以上ある者
  ・出願時に志望種の正規教員又は教育委員会の職員として勤務している者
  ・同制度適用志望種は、小学校教諭、中学校教諭、特別支援学校小学部・中学部教諭、養護教諭となります。

「教員採用試験出願方法」の変更

1 概要
  受験者の出願時の負担軽減と利便性向上のため、インターネットを利用した電子申請のみで出願が完了するように変更します。

2 インターネット(大分県電子申請システム)を利用した出願方法
  ・インターネット(大分県電子申請システム)を利用した出願方法を用いた場合、電子申請のみで出願受付が完了します。
  ・インターネット及び印刷環境を持たない出願希望者は、従来の紙媒体での出願も可能とします。


この件に関する問合せ先
大分県教育庁教育人事課 採用試験・免許班
Tel 097-506-5518