大分県教育委員会 > 教育改革・企画課 > 広報番組・広報紙 > 「教育だよりおおいた」平成28年度春号を発行しました

教育改革・企画課

広報番組・広報紙

「教育だよりおおいた」平成28年度春号を発行しました

PDFデータをダウンロードする場合はこちらから → 教育だよりおおいた(春号)No.89(PDF:6,707KB)

大分県教育委員会 広報紙 教育だよりおおいた No.89 (平成28年度春号)

発行:大分県教育委員会
編集:大分県教育庁教育改革・企画課
TEL:097-506-5421
URL:http://kyouiku.oita-ed.jp

いざ、「青少年の家」へ!GO!!

   望遠鏡で星空観察 SUPに家族で挑戦 森の中で環境学習
ドラム缶風呂でVサイン 初めてのカヌー体験 冬山でスキー教室

かわいい子には体験させよ! 子どもの頃の豊かな体験が生涯にわたる力と意欲を高めます

質問:なぜ体験活動が必要なのですか?

答え:国の調査によると、子どもの頃の体験が豊富な人ほど、大人になってからのやる気やモラル、人間関係をつくる力などの資質・能力が高い傾向にあります。また、「自然の中で遊んだことや自然観察をしたことがある」と回答している子どもほど学力調査の正答率が高い傾向にあります。体験活動は、子どもの成長に不可欠です。


香々地青少年の家 イメージキャラクターたち


ラビ


やもり大使

〈学力と体験活動の関係性〉自然の中で遊んだことや自然観察をしたことがある?

学力と体験活動の関係性グラフ

大分県には2つの 「青少年の家」があります!

 くじゅう連山のふもとの「九重青少年の家」、国東半島の海辺の「香々地青少年の家」、どちらも大自然を活かした体験活動に最適な施設です。学校や部活動での集団宿泊活動だけでなく、子ども会やスポーツ団体、個人やご家族での利用も大歓迎です。県内在住の小中学生は宿泊無料!専門スタッフがみなさんの使用目的に応じて相談やサポートにあたります。年間を通して子どもや家族で参加できる様々な主催行事も実施しています。


カニ子

facebookも

見てね!

  

青少年の家の役割

1.学校の教育合宿への対応(学校支援)
2.教員や青少年指導者の研修(指導者養成)
3.不登校など諸課題への対応(調査研究)
4.多様な自然・生活体験の提供(体験活動提供)


カブたん

青少年の家は体験活動のテーマパークです

春登山 フィールドアスレチック 野外炊飯 いかだでチームワーク プラネタリウム
新緑のくじゅう登山 フィールドアスレチックコース
年中一般利用可
野外炊飯 いかだで協力
チームワークづくり
星空観察
デジタルプラネタリウム
毎月第3日曜日上映会

九重青少年の家 ~高原の風 山の四季~
香々地青少年の家 ~海と星のミュージアム~
 【主な主催事業】
  ●登山教室(家族対象)
  ●スキー教室(小中学生の初心者対象)
  ●自然と親しむ心をはぐくむ「森の楽校」(子ども・家族対象)
 【主な主催事業】
  ●ふれあいキャンプ(不登校児童生徒対象)
  ●シーサイドサマーキャンプ(小5~中学生対象)4泊5日
  ●ファミリークラブ(家族対象)毎月開催
九重青少年の家全景 〒879-4911
玖珠郡九重町大字田野204-47
 TEL 0973-79-3114
 FAX 0973-79-3115

※ホームページはこちら
(別ページが開きます。)
香々地青少年の家全景 〒872-1202
豊後高田市香々地5151番地
 TEL 0978-54-2096
 FAX 0978-54-2152

※ホームページはこちら
(別ページが開きます。)

※主催事業日程などの詳細はホームページをご覧ください。
 長期休暇中の日程については、この「教育だよりおおいた」でもお知らせしています。

[宿泊利用について]
 ・申込み:ご利用日の6ヶ月前から ①電話で仮予約 ②HPから申請書ダウンロード ③FAX・メール・郵送等で提出
 ・宿泊料(シーツクリーニング代・食事代等は別途必要):県内在住の小中学生は無料 保護者は1泊1,250円

[日帰り利用について]
 お電話などでお気軽にお問い合わせください。



 地域を活性化させるのは私たち! 高校魅力化・特色化プロジェクト

  地域の高校では、「生徒が行きたい学校、生徒に選ばれる学校」を目指して、地域と連携した魅力、特色ある学校づくりを進めています。
  前号に続いて、地域の高校活性化支援事業採択校の取組を紹介します。

国東高校

地域を担うグローカルリーダー育成プロジェクト ~ 地域を知り、地域を創生する人材の育成~

〈夢 挑戦〉
 徹底した学力向上
  ●予備校の配信する動画の活用
 企業リーダー育成
  ●大分キヤノン(株)での課題解決学習
  ● APUでの英語プレゼン学習
 メディカリスト育成
  ●国東市民病院での実習
メディカリスト育成
メディカリスト育成(市民病院実習)
〈夢 探求〉
 地域を知り、誇りをもつ人材
  ● 世界農業遺産、歴史・文化に関する講演会
 地域に還元できる人材
  ●中学生対象の体験学習
 地域に貢献できる人材
  ● ボランティア活動
  ● 国東CM番組作成(地元ケーブルテレビと連携)  
ボランティア活動 ウミガメ
ボランティア活動(ウミガメの保護活動)

生徒の能力を伸ばし、地域を支える人材を育成しています



津久見高校

ガンバル「つっくん」成長プロジェクト ~ 地域活性の核として、地域の将来を支える人材を育成~

未来地図完成プロジェクト ~地域全体で学力向上を徹底~
普通科
 ●学力向上(予備校講師の特別講義、学習合宿等)
 ●小中学生の学習サポート(夏休み補習・英検指導等)  
進学セミナー

高校生「つくみ活性化」プロジェクト ~地域産業の発展を支え、地域活性化に貢献する職業人を育成~
工業科
 ●ロボット開発チームの中学校出前講座  
 ●技能向上(地元の匠による技能伝承)
商業科
 ●充実「つくみ蔵」(地元の活性化)
 ●発展「つくみ蔵」(地域外へ展開)

ロボット相撲

つくみ蔵

「名門」つくみプロジェクト ~古豪復活に向け部活動を充実~

 ●硬式野球部の復活(地域ぐるみの支援組織)
 ●強化部活動の活性化(トレーニングセミナー)



三重総合高校

様々な魅力・特色合体→“合(GO)”プロジェクト ~地域の感動拠点へ miesoGO!~

難関大突破講座
普通科(難関大突破講座…英語)
学習意欲を喚起し、学力・向上心を育てます!  
先進地宿泊研修
農業科(先進地宿泊研修:安心院イモリ谷)
命と向き合う覚悟が“農力”を生み出します!
販売実習
商業科(販売実習:ガレリア竹町)
ふれあいがコミュニケーション能力を高めます! 
課題研究成果発表会
“この町の魅力”発信!!(課題研究成果発表会)
表現力・探究力が人間力へと繋がります!

地域交流・貢献の活動を通して、探究心や課題解決への意欲・能力が向上!



竹田高校

竹田高校☆魅力発信プロジェクト ~世界へ羽ばたけ竹高生~

グローバル人材育成
●APUの留学生との交流等
を通して、地域から世界へ
視野を広げ、英語学習の
モチベーションも向上します。
部活動の交流
●部活動の中高合同練習等
によって、中学生との交流が
さらに深まっています。

竹高生による後輩支援
● 地域の小中学校での学習
サポートやゲストティーチャー
等の活動を通して、先輩として
の自覚や責任感が育まれます。
中高連携による授業改善
● 著名講師を招いた中高連携
授業研究会等により、授業
改善に向けた教員の意識を
高めています。
APU留学生との交流
APU留学生と英語で交流
  部活動中高合同練習
中学生と合同で部活動
  小学校学習サポート
小学校での学習サポート
  中高連携授業研究会
中高で連携した授業研究会



玖珠美山高校

MGP1(美山グローカルプロジェクト1) ~ グローバルな視点でローカル( 地域)を考える~

美山の夢 プロジェクト
 ● JAXA、筑波大学、国会、防衛省、日本銀行  
  などでの現地視察、特別講義受講
 ●予備校講師による特別講義と演習
 ●第一線で活躍する著名人による講演
 ●トップアスリートによる特別指導
美山の魅力 プロジェクト
 ●美山収穫感謝祭
 ●小中学校への出前授業
 ●美山高校開発バークマットの特許申請
 ※バークマットとは、粉砕した杉の皮を固め、
  土の代わりとして使うもの
東京・つくば研修
東京・つくば研修
収穫感謝祭
美山収穫感謝祭

学習意欲の向上・基礎学力の定着・地域連携の深化を図っています



宇佐高校

チーム宇佐高Win-Winプロジェクト ~ 連携を通した8 つの取組~

外部人材を活用した学力向上大作戦
 ●生徒の心に火をつけるファイヤーアップ講演会
 ●難関大志望者を育成する予備校特設講習
 ●卒業生による後輩へのスタディサポート
 ●最新ビデオ教材等による学力アップ個別学習

個別ビデオ学習
個別ビデオ学習に励む生徒
学力プラスワンプロジェクト
 ●「未来を拓く大学での深い学び講演会」
 ●地域の講座等を活用した魅力・特色ある部活動
 ●ハワイ短期留学や台湾高校生との国際交流
 ●宇佐高発、「子育て公開講座」と「教育シンポジウム」 
 
書道部ピラティス講座
書道部のピラティス講座
  教育シンポジウム
教育シンポジウム

生徒の学力・体力の向上、生徒・保護者・中学校・地域等との一体感の醸成


 詳しくは、県教育委員会ホームページをご覧ください。 → 「高校の魅力化・特色化プロジェクト」のページが開きます。

問い合わせ先 高校教育課 TEL:097-506-5617



平成28年度全国体力調査 全国順位が過去最高 小5男女・中2男で「九州1位」 中2女も「九州2位」

「運動好きな大分っ子」の育成に向けて ~全国体力・運動能力、運動習慣等調査の結果を踏まえて~

1 実技調査結果から

 全国の小5・中2を対象とした「平成28年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査」の結果がスポーツ庁から公表されました。
 今回の調査では、大分県の児童生徒の体力合計点の全国順位は、小5男子7位(九州1位)、同女子7位(九州1位)、中2男子8位(九州1位)、同女子15位(九州2位)となり、いずれも過去最高となりました(表1)。
 学校や家庭での取組により、これまで課題であった50m走の記録が全国平均を超えるなど、大分っ子の体力は着実に向上しています(表2)。

体力合計点から見る全国順位の推移(表1)
対象 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28
小学校
5年
男子 32(6) 27(5) 33(6) 中止 20(2) 12(1) 9(1) 8(1) 7(1)
女子 40(7) 37(7) 35(6) 35(5) 23(4) 13(2) 10(1) 7(1)
中学校
2年
男子 39(7) 38(7) 33(6) 24(3) 21(3) 18(3) 11(2) 8(1)
女子 43(8) 46(8) 45(7) 41(8) 41(7) 36(6) 23(5) 15(2)

※( )内の数字は九州順位

調査項目ごとの平均値(表2)
調査項目 握力
(kg)
上体起こし
(回)
長座体前屈
(cm)
反復横とび
(点)
シャトルラン
(回)
持久走 50m走
(秒)
立ち幅とび
(cm)
ボール投げ  (m) 体力
合計点
全国
順位
九州
順位
小5男子 全国 16.47 19.67 32.87 41.97 51.89 実施なし 9.38 151.39 22.42 53.92 7 1
大分県 16.84 20.45 34.22 44.16 56.03 9.35 153.06 24.36 56.17
比較
小5女子 全国 16.13 18.60 37.21 40.06 41.29 実施なし 9.61 145.31 13.88 55.54 7 1
大分県 16.62 19.34 38.51 42.31 43.82 9.58 147.53 15.46 57.82
比較
中2男子 全国 28.91 27.46 43.06 51.93 86.24 391.72 8.03 194.69 20.59 42.13 8 1
大分県 29.82 27.33 43.71 53.00 87.62 401.88 7.94 197.73 21.85 43.96
比較
中2女子 全国 23.75 23.48 45.46 46.60 58.80 288.51 8.83 168.28 12.85 49.56 15 2
大分県 24.08 22.46 45.62 47.50 57.96 292.51 8.81 170.37 13.29 50.34
比較

※持久走男子1500メートル 女子1000メートル ※◎:全国平均以上 ▲:全国平均未満

2 質問紙調査結果から

 学校に対する質問紙調査では、本県の「学校全体で組織的な体力向上の取組を行っている」割合は、全国と比較して上回っていました(グラフ1)。スポーツ庁の報告では、体力向上に向けた目標設定や体育の授業以外の取組が、子どもの体力や意識に好影響を与えているとされています。

学校質問紙調査における肯定的回答の割合(グラフ1)

学校質問紙調査の結果

 また、児童生徒に対する質問紙調査では、本県の児童生徒の1週間当たりの運動実施時間も、全国と比較して小中男女とも上回っていました(表3)。学校全体での取組が充実し、運動実施時間が増加したことが、体力の向上につながったと考えられます。
 しかしながら、中2女子では1週間の総運動時間が60分未満と回答した割合が約17%と依然として高く、日常的に運動する子どもとそうでない子どもの二極化はいまだ解消には至っていません。

1週間当たりの運動実施時間(表3)
質問項目 1週間当たりの運動実施時間平均(分) 1週間の総運動時間60分未満の割合
性別 男子 女子 男子 女子
小学校 全国 602.9 370.3 6.6% 11.6%
大分県 655.9 400.1 6.2% 11.4%
中学校 全国 964.3 685.2 6.4% 20.6%
大分県 984.6 696.9 4.3% 17.1%

3 体力の向上に向けて

運動好きな子どもを増やそう

 本県では、生涯を通して自ら運動に親しむ大分っ子の育成を目指しています。そのためには、運動への関心や意欲が高まる取組を工夫し、楽しさや喜びを味わわせることで、運動の習慣化・日常化につなげることが大切です。
 その取組の一つとして、県内の全ての小・中・高等学校及び一部の特別支援学校において、「一校一実践」を行っています。運動場や体育館の施設をアスレチックのように使用し連続運動を行う「サーキット運動」やバランス力を高める「運動遊び」など、様々な特色ある取組が行われています。

日出町立日出中学校
日出町立日出中学校
   中津市立北部小学校
中津市立北部小学校

望ましい生活習慣を確立しよう

 子どもたちの体力は、朝食の摂取率などの生活習慣とも関連があることが明らかになっています。「一校一実践」の取組の一環として、PTAと連携し、親子で生活習慣について考えたり、食育の講演会を開いたりする学校もあります。
 望ましい生活習慣の確立に向けて、学校、家庭が一層連携していくことが大切です。

朝食摂取と体力の関連グラフ

問い合わせ先 体育保健課 TEL 097-506-5639 



高等学校進学予定の方へ 授業料等の教育費負担を軽減する支援制度(返済不要)があります!

高等学校等就学支援金【 授業料の支援】

 ●基準となる所得(市町村民税所得割額30万4,200円)未満の世帯へは、国から授業料相当額の支援金が支給されます。
 ●「就学支援金」は、学校が受け取り、授業料に充てます。(生徒本人や保護者が直接受け取るものではありません。)
  ※私立高校では、所得の状況に応じて加算される場合があります。

高校生等奨学給付金【 授業料以外の教育費の支援】

 ●市町村民税所得割額が非課税の世帯に対する教育費の支援として、年額32,300円~138,000円の給付金が支給されます。
 ●「奨学給付金」は、直接保護者等に給付されるもので返済は不要です。
  ※公立高校と私立高校では、給付額が異なります。

※いずれも申請しなければ受けることができません。
※申請手続等は、高等学校へ進学する際、学校から案内があります。
※詳細はホームページにも掲載しています。

公立高校の方はこちら(大分県教育委員会のページが開きます。)
私立高校の方はこちら(大分県のページが開きます。)
問い合わせ先 公立高校:大分県教育庁 教育財務課 TEL 097-506-5416
私立高校:大分県生活環境部 私学振興・青少年課 TEL 097-506-3079
 

information 企画展・体験活動のご案内

歴史博物館
 企画展 「大相撲コレクション展」

 個人が収集した多彩な相撲コレクションの中から、江戸期の番付などの歴史資料はもちろん、現代の人気力士に関するものまで幅広く紹介します。

1) 会期:3月3日(金曜日)~5月14日(日曜日)まで
 午前9時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
2) 会期中の休館日:毎週月曜日(祝日の場合はその直後の平日)
3) 会場:県立歴史博物館
4) 入館料:
 【個人】一般310円 高・大学生150円
 【団体】一般200円 高・大学生100円
※この観覧料で平常展の観覧も可能
※中学生以下および土曜日の高校生の観覧は無料
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の
いずれかをお持ちの方とその付添の方1名は無料

史上最強の力士「雷電」史上最強の力士と言われる「雷電」

問い合わせ先 県立歴史博物館
TEL:0978-37-2100

→ 県立歴史博物館のホームページが開きます。

先哲史料館
 特別講座 「南海トラフと大分」
 ―豊後水道・別府湾・周防灘―

 平成28年4月の熊本・大分地震は、改めて地震の恐ろしさを知る契機となりました。今回の講座は、大分県に大きな被害をもたらす可能性のある南海トラフの地震発生のメカニズムや、宝永地震(1707年)をはじめとする過去の被害状況などを紹介するものです。過去を知ることは命を守ることにつながります。講座を通して、地震と津波への防災・減災の意識を深めていただければと考えます。

豊後水道の海岸豊後水道の海岸(佐伯市米水津)

1) 日時:3月11日(土曜日) 午後1時30分~
2) 会場:豊の国情報ライブラリー 2階視聴覚ホール
  (大分市王子西町14番1号)
3) 参加料:無料

問い合わせ先 県立先哲史料館
TEL:097-546-9380

→ 県立先哲史料館のホームページが開きます。

埋蔵文化財センターロゴ

平成29年4月、「大分県立埋蔵文化財センター」が旧県立芸術会館跡(大分市牧)に移転・開館します!埋蔵文化財を通して、大分の歴史・文化の魅力を発信します。展示室等の一般公開は4月下旬を予定しています。

遊び、感じる!
古代人になりきって、様々な歴史や技術を体験!

調べる、学ぶ!
埋蔵文化財に関する図書や「考古学講座」も充実!

繋がり、広がる!
●学校との連携●地域との連携●他館との連携●市町村との連携

見る、発見する!
全国トップクラスの規模を持つ展示室等で大分の歴史に触れる!

埋蔵文化財センター地図

新住所:〒870-0152 大分市牧緑町1-61
  TEL 097-552-0077
  FAX 097-552-0700



各教育機関の企画展等のお知らせ(3月から7月) ※来年度の内容については今後変更する可能性があります。

歴史博物館
TEL:0978-37-2100
大分大学図書館の逸品 4月23日(日曜日)まで
大相撲コレクション展 3月3日(金曜日)から5月14日(日曜日)まで
宇佐宮を俯瞰する―絵図にみる宇佐宮― 3月24日(金曜日)から5月14日(日曜日)まで
おおいたの香り 4月25日(火曜日)から7月23日(日曜日)まで
れきはくコレクション2017 6月2日(金曜日)から7月17日(月曜日)まで
真玉八幡宮の年中行事 7月25日(火曜日)から
少し昔の家庭の医学 7月28日(金曜日)から
香々地青少年の家
TEL:0978-54-2096
写真塾 3月21日(火曜日)・22日(水曜日)
春色ノルディック・ウォーク 3月25日(土曜日)・26日(日曜日)
写真塾 5月30日(火曜日)・31日(水曜日)
ふれあいキャンプ 6月3日(土曜日)・4日(日曜日)
※毎月第3日曜日はプラネタリウム上映会、第2火曜日・第3水曜日はノルディック・ウォーク健康教室!
※年間会員制のファミリークラブは4月末頃会員募集!
九重青少年の家
TEL:0973-79-3114
ここのえ緑の子ども園 3月12日(日曜日)
ここのえプラネタリウム上映会 3月12日(日曜日)
親子ネイチャートレッキングinここのえ 3月18日(土曜日)
みんなおいでよ!くじゅう登山・新緑編 5月27日(土曜日)・28日(日曜日)
緑の環境学習指導者養成研修会 6月17日(土曜日)・18日(日曜日)
ここのえ緑の子ども園 7月16日(日曜日)
ここのえ緑の楽校(がっこう) 7月30日(日曜日)
先哲史料館
TEL:097-546-9380
特別講座「南海トラフと大分」―豊後水道・別府湾・周防灘― 3月11日(土曜日)
平常展「大分の先哲たち」 5月14日(日曜日)まで
企画展「新収蔵品展」 5月19日(金曜日)から7月9日(日曜日)まで
夏休み企画展 7月14日(金曜日)から
※6月の毎週土曜日は「史料講座基礎編」、7月の第1水曜日は「先哲・歴史講座」!
県立図書館
TEL:097-546-9972

県立図書館へおいでよ!
4月23日(日曜日)から5月12日(金曜日)まで『 そよかぜげんき広場』
5月28日(日曜日)『健康無料相談会 1日まちの保健室』
☆2月から新しく『おおいたの文学コーナー』『産業科学技術コーナー』ができました!!☆
詳しくは県図書ホームページまで!! http://library.pref.oita.jp/

  → 県立図書館のホームページが開きます。



楽しい学校生活を過ごしていますか?
困ったことがあったら一人で悩まないで! 相談する場所はたくさんあります!

24時間子供SOSダイヤル
(生徒指導推進室)
フリーダイヤル
0120-0-78310

24時間子供SOSダイヤル 
子どもと教員のネットあんしんセンター

(教育財務課)
電話:097-534-5564
メール:netanshincenter@hyper.or.jp

ネットあんしんセンター画像
  

ネットいじめ相談(生徒指導推進室)
メール:no-ijime@pref.oita.lg.jp

スクール・セクハラ相談窓口(人権・同和教育課)
電話:097-534-4366 FAX:097-506-1799
メール:no-sekuhara@pref.oita.lg.jp

いじめ・不登校相談(教育センター教育相談部)
電話:097-569-0829/097-503-8987
メール:oita-edu-c.soudan@pref.oita.lg.jp

特別支援教育相談(教育センター特別支援教育部)
電話:097-569-0232
メール:oita-edu-c.tokusien@pref.oita.lg.jp



問い合わせ先

教育改革・企画課 広報・調整班
 TEL: 097-506-5421