審議会の会議
HOME > 審議会の会議 > 歴史博物館「会議結果のお知らせ」
歴史博物館「会議結果のお知らせ」

会議結果のお知らせ

1 開催した会議の名称

平成28年度第1回大分県立歴史博物館協議会

2 開催日時

平成28年8月30日(火曜日) 14時~16時30分

3 開催場所

大分県立歴史博物館 講堂

4 出席者

〈委員〉
武末委員(会長)、下坂委員(副会長)、篠崎委員、林委員、竹田委員、馬場委員、今吉委員、加祐委員、渡邊委員、安東委員、是永委員

〈事務局〉
橋本館長、畑中総務課長、菅野学芸調査課長、原田企画普及課長、後藤主幹研究員、平川主任学芸員、村上主任研究員、髙宮学芸員、稗田学芸員、富松主事、志賀主事

5 公開、非公開の別

公開

6 傍聴人数

0名

7 議題及び結果

〈議 題〉
 (1)平成27年度事業報告について
 (2)平成28年度事業について
 (3)来年度(以降)の館の事業方針について
  (4)その他

〈結 果〉
 (1)事務局からの説明に対して質疑があったが、特に異議はなく、承認された。
 (2)事務局から概要を説明し、質疑応答の後、承認された。
 (3)事務局から概要を説明し、質疑応答の後、承認された。
  (4)特になし

8 主な意見

・アウトリーチ事業専門の職員は新しく雇えないのか。予算がつきやすい事業だと思うので、外部の助成金を使ってほしい。
・アウトリーチ事業の関連付けの中で、博物的なものを歴史博物館で提供する機会を増やしてほしい。別の形でもいいので是非これからも続けてほしい。
・予算の中に資料購入費をもう少し組み込まなければならないと思う。なかなか予算はつかないと思うが、要求だけはしていったほうが良いのではないかと思う。
・地震等の災害時には近県同士の連携が必要となると思う。ネットワークを作ってほしい。
・歴史博物館の運営にあたって考えるべきは、時代の大きな流れ。グローバル化、情報化、そしてローカルを極めることが必要。
・外国人観光客が増えているので、特にインバウンド増加への対応が必要である。
・ボランティア研修の目的が、館の案内のみに置かれている。ボランティア自身の活動・思考を促す方向付けが必要。
・知的な地域の遊び場という形にしていくことも必要である。
・入館者については、宇佐神宮に来られた観光客をどう引き込むかということがポイントである。
・荘園調査や仏像の調査等を実施しているので、報告書という形で調査成果を展示に還元してほしい。

9 会議の資料名一覧

(1)平成28年度大分県立歴史博物館協議会 次第
(2)資料編
(4)大分県立歴史博物館年報2015
(5)その他(館報等)

10 問い合わせ先

担当課 大分県立歴史博物館総務課
電話番号 0978-37-2100