展示案内
HOME > 展示案内 > 特集展示「大分大学図書館の逸品」
特集展示「大分大学図書館の逸品」

 当館では平成27年度に、「大分県歴史資料調査」の一環として、大分大学学術情報拠点(図書館)が所蔵する「郷土資料」の調査をおこないました。本展はその調査成果をもとに、大分大学の図書館が所蔵する貴重資料を展示紹介するものです。
 大分大学の図書館には、同大学が長年にわたって収集してきた大分県の歴史や文化にかかわる資料が多数保管されています。図書や典籍だけでなく、古文書や絵図・地図、先哲の書幅や書状など、内容や形態は多岐にわたります。収集の経緯も、前身の大分師範学校や大分高等商業学校の旧蔵資料が含まれるなど、これまた多様です。本展では、これらの中から逸品を選りすぐり、大分県の歴史や文化との関係を示しながら、また大分大学の沿革にもふれながら紹介します。

主要展示品

・府内城下絵図
・三浦梅園書
・大友宗麟書状
・学問ノスヽメ
   ※すべて大分大学学術情報拠点(図書館)所蔵

会期: 平成29年1月31日(火曜日)~平成29年4月23日(日曜日)

開館時間: 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日: 毎週月曜日(祝日・振替休日の場合はその直後の平日)

会場: 大分県立歴史博物館常設展示室

観覧料: 平常展観覧料でご覧になれます。

     一般:310円(200円) 高・大学生:150円(100円) 中学生以下:無料

     ※(  )内は20名以上の団体様のお一人様の料金です。
     ※土曜日の高校生の観覧は無料です。
     ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかをお持ちの方と
      その付添いの方1名は無料です。