展示案内
HOME > 展示案内 > 企画展「大相撲コレクション」
企画展「大相撲コレクション」

 力士の力と技が土俵上でぶつかり合う大相撲。昔から多くの人びとを熱中させてきました。戦前の双葉山や昭和30年代の大鵬や柏戸、近年の若貴兄弟や現代の白鵬など、それぞれの時代を代表する力士の名勝負に私たちは胸を躍らせ、同郷やひいきの力士の活躍に声援を送ってきました。
 大相撲は、単なるスポーツではなく神事でもあり、興行でもあります。他の競技、プロスポーツには見られないさまざまなしきたりや約束事があります。勝敗のほかに、こうした独特の文化も相撲の大きな魅力といえます。そして、多様な性格を持つがゆえに、関連する「モノ」も多種多彩です。化粧まわしなど力士が使用するもの、番付表のように興行に不可欠なもの、手形やサインなどファンに向けたものなど枚挙にいとまがありません。
 本展示では、このように多彩な相撲関連資料を集めた「中園コレクション」を公開します。当コレクションは、江戸時代の貴重な資料から現代の人気力士にまつわるものまで幅広く収集されており、希少なものも含まれています。このすばらしいコレクションを通して、私たちを熱中させてきた大相撲の豊かな歴史と文化を紹介します。

 双葉山の手形      稲妻雷五郎


《写真》

左:錦絵 稲妻雷五郎
右:双葉山手形

主要展示品

・双葉山手形
・木村庄之助 軍配
・相撲人形 谷風
・錦絵 稲妻雷五郎

会期 平成29年3月3日(金曜日)~5月14日(日曜日)

開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日 毎週月曜日(祝日の場合はその直後の平日)

会場 大分県立歴史博物館第2企画展示室

ギャラリートーク

日時:平成29年3月17日(金曜日)/4月28日(金曜日) 午後1時30分~午後2時30分
講師:菅野剛宏(大分県立歴史博物館学芸調査課長)

主催 大分県立歴史博物館

後援 大分合同新聞社

観覧料 平常展観覧料でご覧になれます

一般:310円(200円)  高・大学生:150円(100円)  中学生以下:無料

※( )内は20名以上の団体様のお一人様の料金です。
※土曜日の高校生の観覧は無料です。
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかをお持ちの方と
 その付添いの方1名は無料です。