展示案内
HOME > 展示案内 > 企画展「宇佐宮を俯瞰する―絵図にみる宇佐宮―」
企画展「宇佐宮を俯瞰する―絵図にみる宇佐宮―」

 平成25年、宇佐神宮が所蔵する「豊前国宇佐宮絵図(応永の古図)が国の重要文化財に指定されました。本展はそれを記念して開催するものです。
 室町時代の「応永の古図」に限らず、江戸時代や明治時代のものなど、宇佐神宮には境内や周辺を描いた絵図が多数伝えられています。本展ではそれらの絵図を一堂にそろえて紹介します。そして宇佐神宮や、かつて境内にあった弥勒寺の変遷の様子を明らかにします。
 また、宇佐神宮に派遣された宇佐使(奉幣使)が通った道など、周辺の景観もあわせて提示します。当館が積み上げてきた調査成果や、宇佐の文化財を守る会など地元の研究者が長年にわたって培ってきた研究成果を参考にしながら、かつての宇佐神宮の境内と周辺の様相を復元して紹介します。

《写真》
豊前国宇佐宮絵図(応永の古図)/宇佐神宮 ※重要文化財

主要展示品

・豊前国宇佐宮絵図(応永の古図)/宇佐神宮 ※重要文化財
     4月18日(火曜日)~5月14日(日曜日)の公開

・宇佐宮境内図/宇佐神宮
・宇佐奉幣使参向順路図/宇佐神宮
・蓑虫山人絵日記/個人

会期: 平成29年3月24日(金曜日)~5月14日(日曜日)

開館時間: 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日: 毎週月曜日(祝日の場合はその直後の平日)

会場: 大分県立歴史博物館第一企画展示室

フィールドワーク:

絵図をたよりに宇佐神宮周辺を散策します。

日時: 4月7日(金曜日)・4月22日(土曜日) 14時~16時
定員: 各回先着30名
     電話によるお申し込みが必要です。
     3月30日(木曜日)午前9時より受付開始

     電話番号:0978-37-2100

主催: 大分県立歴史博物館・宇佐の文化財を守る会

後援: 大分合同新聞社

観覧料: 平常展観覧料でご覧になれます

     一般:310円(200円)  高・大学生:150円(100円)  中学生以下:無料

     ※(   )内は20名以上の団体様のお一人様の料金です。
     ※土曜日の高校生の観覧は無料です。
     ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかをお持ちの方と
       その付添いの方1名は無料です。