展示案内
HOME > 展示案内 > 平成29年度の展覧会
平成29年度の展覧会
今年度予定している展示は次のとおりです。

企画展・特別展

企画展「大相撲コレクション展」

平成29年3月3日(金)~5月14日(日)

江戸時代までの番付や錦絵から現代の力士に関するものまで、多彩な相撲コレクションを公開します。

企画展「「応永の古図」重要文化財指定記念 宇佐宮を俯瞰する―絵図にみる宇佐宮―」

平成29年3月24日(金)~5月14日(日)

国指定重要文化財「応永の古図」をはじめ、数多く伝えられる宇佐宮の境内絵図を一堂に集め、境内や周辺の変遷の様子をうかがいます。

企画展「れきはくコレクション2017」

平成29年6月2日(金)~7月17日(月)

近年、寄贈や寄託によって歴史博物館に収蔵された、様々な分野の貴重な資料をお披露目します。

企画展「少し昔の家庭の医学」

平成29年7月28日(金)~9月24日(日)

世はまさに健康ブーム。少し昔をふり返って、民間療法や民間信仰などから、健康や長寿を願う日本人の文化を紹介します。

特別展「開山1300年記念 聖なる山―六郷満山と仁聞―」

平成29年10月20日(金)~12月3日(日)

国東半島の六郷満山は、養老2年(718)に八幡神の化身とされる仁聞が開いたという寺院群です。本展では開山1300年を記念し、各地にのこる仁聞伝承を柱として、六郷満山と宇佐国東を中心に広がる神と仏の文化を紹介します。

企画展「豊の経塚 込められた祈り」

平成29年12月22日(金)~平成30年2月25日(日)

経塚は、平安時代後期、末法の到来にそなえて地中に経典を埋めたものです。仏教文化の花咲く豊前・豊後に残された数多くの経塚に関係する遺宝を紹介します。

企画展「殿様―おおいたの藩主たち―」

平成30年3月16日(金)~5月13日(日)

小藩が並び立っていた江戸時代のおおいたでは、多くの個性的な藩主が生まれました。本展ではそうした藩主の人物像や業績を、ゆかりの品々をとおして紹介します。

特集展示

「大分大学図書館の逸品」

平成29年1月31日(火)~4月23日(日)

大分大学図書館に所蔵される優品を紹介します。

「KAORI―香りの芸術たち―」

平成29年4月25日(火)~7月23日(日)

古くから人びとは「香り」に魅了されてきました。本展では、大分香りの博物館に所蔵される貴重な香水瓶を中心に、香りの魅力に迫ります。

「真玉八幡宮の年中行事」

平成29年7月25日(火)~10月22日(日)

豊後高田市の真玉八幡神社に伝わる「八幡宮年中行司」をもとに、同社でかつて執り行われていた神事の様子を紹介します。

「賀来飛霞に来た手紙」

平成29年10月24日(火)~平成30年1月28日(日)

幕末日本における三大本草学者の一人に数えられる賀来飛霞。彼の生涯を支えた知識人たちから寄せられた手紙を通し、飛霞と彼を取りまく人々の間の「肉声」を紹介します。

「豊前の神楽」

平成30年1月30日(火)~4月22日(日)

平成28年に、重要無形民俗文化財に指定された「豊前神楽」。本展では、豊前の神楽で用いられる面や用具等を紹介します。

平成