HOME > 学校教育 > 平成29年度学校教育指導方針について

学校教育

平成29年度学校教育指導方針について
2018年04月03日

 平成29年度 学校教育基本方針.pdf

 佐伯市立学校(園)における教育の一層の充実と進展を図るために、主として次の2つの観点から平成30年度の学校教育指導方針を策定しました。

  • 新学習指導要領(移行期間)への適切な対応に努めるとともに、「第2次佐伯市総合計画」「第2期佐伯市長期総合教育計画(平成29年度~平成38年度)」及び「平成30年度大分県教育委員会の重点方針」を踏まえ、生涯学習の理念の下で「生きる力」の育成に向けた学校教育の充実に努めます。
  • 「大分県人権教育基本方針」の理念の下、佐伯市における「人権教育」「青少年健全育成」等の推進に向けた学校教育の充実に努めます。

 なお、指導にあたっては佐伯教育事務所をはじめとした教育関係諸機関、諸団体と連携を図りながら目標達成に努めます。

 

指導の重点

1 確かな学力の育成

  • 「ふるさと創生」を核とした総合的な学習の時間の充実
  • 「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改革
  • カリキュラム・マネジメントによる教育課程の改善

2 豊かな心の育成

  • 考え、議論する道徳の授業を要とした道徳教育の推進
  • 学校図書館を活用した授業の実践・充実
  • 児童生徒の発達に応じた勤労観・職業観の育成

3 健やかな体の育成

  • フッ化物洗口の全小・中学校実施による歯と口腔の健康づくりの推進
  • 栄養教諭等を活かした望ましい食習慣の形成
  • 「一校一実践」を柱に学校全体で進める体力向上

4 特別支援教育の充実 

  • 「個別の指導計画」等の作成と活用による支援・指導の充実
  • 合理的配慮・ユニバーサルデザインに基づく環境整備
  • 特別支援教育支援員の資質・能力の向上

5 生徒指導の充実

  • 関係機関と連携したいじめ・不登校への相談体制の整備・充実
  • 生徒指導の3機能を核とした教育活動の展開
  • 「さいきドリーム・プロジェクト」による学校・保護者・行政の協働的な取組の推進

6 幼児教育の充実 

  • 新幼稚園教育要領に沿った幼稚園教育の推進
  • 「アプローチカリキュラム」「個別の指導計画」の作成と活用による幼小接続の推進
  • 小学校・保育所・認定こども園との交流の充実

7 教育の国際化・情報化の推進 

  • コミュニケーションを図る基礎となる資質・能力の育成をめざす小・中学校外国語教育の充実
  • ICT機器を活用した授業改善の推進
  • 家庭と協働した情報モラル教育の推進

8 豊かな教育環境の整備 

  • 教職員の働き方改革の具体的な取組の推進
  • 小中一貫、小中連携の充実による指導の一貫性の確立
  • 地域の実情に応じた特色ある学校づくり

9 地域とともにある学校づくり 

  • コミュニティ・スクールの拡大による学校・家庭・地域の教育の協働の推進
  • 地域の「ひと・もの・こと」の活用による教育活動の充実
  • 学校評価を生かした教育活動の改善・充実

10 安全・安心な学校づくり

  • 自ら考え行動し、自他の生命を守る防災教育の充実
  • 学校安全計画及び危機管理マニュアルの不断の見直し
  • 安全・安心、快適な教育環境の整備の推進

11 教職員の意識改革と資質能力の向上 

  • 付けたい資質能力を明確にした学校教育目標
  • ミドル・アップダウン・マネジメントの実働
  • 「チーム学校」の視点に立った効果的な学校運営の推進

12 学校における人権教育の推進 

  • 人権教育の日常化に向けた実践
  • 同和問題を始めとする8つの課題に関する教材を活用した授業づくり
  • 支え合い、認め合う仲間づくりの推進