HOME > 学校教育 > 生徒指導の充実について

学校教育

生徒指導の充実について
2012年04月11日

いじめ不登校

「問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」(文部科学省)の佐伯市内小・中学校の調査結果から、いじめについては件数は多いものの、少しずつ減少の傾向が見られます。また、長期欠席者全体の数は大きな変化はないものの、年度によって不登校数は増減があります。

佐伯市いじめ防止基本方針(平成28年3月).pdf


安全管理


児童生徒の安全確保を図るためにも、児童生徒に自らの危機回避能力の育成、地域ぐるみで不審者対策・災害等に対応する危機管理体制の整備・見直しを行っていきます。

 

スクール・メンタルケア推進・充実事業

地域ぐるみのネットワーク支援となる「スクール・メンタルケア」の推進と充実を図ります。そして、「不登校・いじめ」の問題や、「ネグレクト・児童虐待」等の解決に努めています。また、きめ細かな自立支援を行うため「佐伯市教育支援センター:教室『グリーンプラザ』」を中核とし、家庭・学校・福祉・医療等の関係諸機関が連携を深めながら対応しています。

 

佐伯市教育支援センター 教室「グリーンプラザ」

佐伯市在住の小学生から中学生までの子ども、及びその保護者の方からの、いじめ・不登校・特別支援教育等の相談を受けます。
<主な支援活動>

  • 電話相談:子ども・保護者・先生方からの相談を受けます。(秘密は厳守します)
  • 来室相談:子どもの学校への復帰適応状況に合わせて、継続的に相談・支援を行います。
  • 訪問相談:家に閉じこもりがちな子どもについては、希望に応じて相談員が家庭への訪問相談を行います。また、必要に応じ、学校へも訪問相談に行きます。
  • 心理カウンセリング:心理カウンセラーによるカウンセリングを行います。(要予約)
  • 集団活動:子どもの学校への復帰につながる活動支援を行います。月(13:00~15:00)、水・金(10:00~15:00)が活動日です。

<連絡先>
〒876-0853
佐伯市中村東町7番34号
電話0972-22-5131

スクールカウンセラー


児童生徒間の問題行動等に対応するために、佐伯市内全中学校及び3小学校にスクールカウンセラーを派遣しています。