展示のご案内
HOME > 展示のご案内 > 「高野山本覚院文書」大分県文化財指定記念展について
「高野山本覚院文書」大分県文化財指定記念展について

 「高野山本覚院文書」は、戦国大名大友氏の書状や江戸時代の臼杵藩主稲葉氏の書状、豊後国各地を巡った「高野聖」が残した記録など、およそ1,900点を数えます。
 平成29年3月、新たに大分県指定文化財となったことを記念して、大友義鎮(宗麟)の書状など高野山本覚院文書の魅力を紹介いたします。

会期 : 平成29年3月22日(水曜日)~平成29年4月16日(日曜日)

場所 : 大分県立先哲史料館展示室(豊の国情報ライブラリー1階)