大分県教育委員会 > 社会教育課 > 社会教育 > 図書館・青少年教育施設等 > 平成29年度 子ども司書養成講座 第1回全体研修を開催しました。

社会教育課

図書館・青少年教育施設等

平成29年度 子ども司書養成講座 第1回全体研修を開催しました。

平成29年7月28日

社会教育課 

 

平成29年度子ども司書養成講座<第1回全体研修>を7月27日(木)に、県立図書館で開催しました。

今年度の講座には、県内10市町村から83名の小学生が登録されており、年間10日間程度の講座を受講することで、「子ども司書」に認定される予定です。

第1回の全体研修の内容は次のとおりです。

      10:30 オリエンテーション「子ども司書になろう!」

      10:50 修行① 図書館の仕事を知ろう!

      11:10 修行② 本の分類と並び方を学ぼう!

      11:30 修行③ めざせ!読み聞かせ名人

      12:10 昼食・昼休み

      12:50 修行④ 本を紹介して友達になろう!  ~ミニ・ビブリオバトル~

      13:50 修行⑤ 学校に広げよう!読書の輪  ~みんなが本を読みたくなる作戦を考えよう~

      14:50 閉会行事 

 今後は、地域の図書館で、司書(カウンター業務・本の整理・図書館の行事に参加など)の仕事を体験します。

 第2回全体研修は、10月15日(日)に県立図書館で実施する予定です。

 

【参加した子どもたちの感想】

<図書館について>

・司書の仕事内容と大変さがわかった  ・県立図書館のことを知ることができた  ・図書館の背表紙にある記号(番号)の意味がわかった 

・クイズ形式で色々なことがわかって楽しかった  ・司書になりたいと思った

<読み聞かせについて>

  ・読み聞かせの時の本の持ち方や姿勢ががわかったのはよかった 

  ・図書委員なので今日学んだことをいかして読み聞かせをやりたいと思った

<ミニ・ビブリオバトルについて>

  ・とても楽しかった  ・学校の休み時間にやりたいと思った  ・初めて会った人と本を紹介することで仲良くなることができて良かった

  ・今日紹介された本を、学校の図書館で探してみたい  ・もっとわかりやすく本を紹介できるようになりたい

<「学校に広げよう!読書の輪」について>

  ・色々な人の意見を聞くことが出来て参考になった  

<全体的>

  ・とても勉強になった  ・説明がわかりやすかった  ・一ヶ月に10冊以上を本を読みたいです 

  ・ちがう市町村の人と話すことができたのがよかった  ・新しい友達が出来てよかった  

 

 【子ども司書とは】

  学校や地域の図書館で、みんなに読書の楽しさを伝える「読書リーダー」です。子ども司書の講座を受けて、学校や図書館で活動することで認定されます。

 

【当日の様子】