大分県教育委員会 > 教育財務課 > 学校教育 > 施設・設備 > 教育の情報化 > 「教育情報化カンファレンスinおおいた」のご案内

教育財務課

教育の情報化

「教育情報化カンファレンスinおおいた」のご案内

 

平成25年8月8日開催! 第2回教育情報化カンファレンスのご案内 

 

10年後の学校では、どんなスタイルで授業が行われているでしょう?
今よりもっと子どもたちがワクワクして学んでいるでしょうか?   

近年のめまぐるしい情報化の進展は、子どもから大人まで、生活スタイルを変えつつあります。職場ではパソコンだけではなく、iPadなどの多機能型端末やスマートフォンが利用され、ソーシャルメディアの活用も始まっています。一方、子どもたちは、ゲーム機やパソコン、ケータイ、スマートフォンなどのICT機器に大きく関心を示し、大人よりも積極的に使いこなす能力を持ち合わせています。
こうした社会の変化に伴い、学校教育のあり方が変わろうとしています。文部科学省は2020年に、子どもたちに1人1台の学習端末を整備することを目標として掲げ、それに向けた実証研究が全国各地で行われています。
ものすごい量の情報が溢れているのではと想像される未来のネット社会で、子どもたちが情報活用能力を身につけ生き抜くためには、今、どのような情報教育が必要でしょうか。また、ICTを活用した授業はどのような学習効果をあげることができるでしょうか。
今回のカンファレンスでは、未来を生きる子どもたちのために、「大分における教育の情報化はどうあるべきか?」を考えることを目的として開催いたします。
教育関係の皆様方、是非ご参加ください。ご来場をこころからお待ちしております。

日時カンファレンスのチラシ画像

平成24年8月23日(木)13時~17時(開場 12時30分)

会場

コンパルホール 3階 多目的ホール
大分県大分市府内町1丁目5番38号(MAP

費用

無料

対象

大分県内外の教職員、市町村教育委員会、教育に携わる企業・団体など

定員

200名(先着順で締め切りとさせていただきます)

主催

大分県教育委員会

プログラム(現在の予定です。詳細が決まり次第、随時更新します。)

13:00  開会
13:05  大分県の取り組み 大分県教育庁教育財務課情報化推進班
13:15  基調講演「教育の情報化の現状と課題-海外や日本の状況から」
               放送大学ICT活用・遠隔教育センター 教授 中川一史氏
14:20  基調講演「未来を生きる子どもたちに求められる情報活用能力」
               鳴門教育大学大学院 准教授 藤村裕一氏
15:25  休憩
15:40  実践発表・パネル討論

テーマ:「情報活用能力の育成に向けて現場の実践と課題」
発表者:亀岡市立南つつじヶ丘小学校 教諭 広瀬一弥 氏

テーマ:「魔法のひきだしと子どもたち ~iPadでわかる!できる!やってみたい!~」
発表者:大分県立竹田支援学校 教諭 藤井 契 氏
    大分県立宇佐支援学校 教諭 高野 嘉裕 氏

テーマ:「facebookを活用した学校の情報発信」
発表者:大分県立三重総合学校 教諭 菅 淳司 氏

            パネル討論:コーディネータ 中川一史氏、コメンテータ 藤村裕一氏

17:00  閉会

※講師プロフィール等の詳細はチラシをご覧ください。

お申し込み方法

こちらの「申し込みフォーム」をクリックし、必要事項を入力して送信ください。

 

7月13日版 教育情報化カンファレンスinおおいたチラシ(PDF:680KB)
7月 3日版 教育情報化カンファレンスinおおいたチラシ(PDF:678KB)
8月20日版 教育情報化カンファレンスinおおいたチラシ(PDF:720KB)
 

お問い合わせ先

教育財務課情報化推進班
TEL:097-506-5464