大分県教育委員会 > 教育財務課 > 報道発表 > 「へき地の小学校間を結ぶ交流キャンプを充実させるための遠隔交流授業」の実施について

教育財務課

報道発表

「へき地の小学校間を結ぶ交流キャンプを充実させるための遠隔交流授業」の実施について

報道発表資料



「へき地の小学校間を結ぶ交流キャンプを充実させるための遠隔交流授業」の実施について

平成29年2月1日
大分県教育庁教育財務課

 「大分県教育情報化推進プラン2016」に基づき、遠隔授業やデジタルコンテンツ配信の研究を推進するため、標記の交流授業を、下記のとおり実施しますのでお知らせします。

1   目的  

津久見市立保戸島小学校と、九重町立飯田小は数年前より学校間を行き来する交流キャンプを実施している。今回、テレビ会議システム(WebEX)とタブレット端末(iPad)を活用し、事前に子どもたち同士が交流し、計画を立てていくことでさらに交流の充実を図る。

2 主催

大分県教育委員会

3 期日

平成29年2月3日(金曜日)第4校時 午前11時40分~午後0時25分

4 会場

津久見市立保戸島小学校(大分県津久見市保戸島21-2)
九重町立飯田小学校(大分県玖珠郡九重町田野1617

5 対象者

津久見市立保戸島小学校 児童3名
九重町立飯田小学校 5,6年生

6 日程
午前11時40分~午前11時50分  授業の開始、挨拶
 午前11時50分~午後0時10分  互いの学校の活動紹介
 午後0時10分~午後0時20分   交流キャンプに向けての相談
 午後0時20分~午後0時25分  まとめ

※取材については事前に担当者へ連絡の上、保戸島小学校にお願いします。


お問い合わせ先

教育財務課 情報化推進班
TEL:097-506-5464
メール:zaimu@oen.ed.jp