大分県教育委員会 > 教育財務課 > 学校教育 > 施設・設備 > 教育の情報化 > 講師紹介(第6回 教育情報化カンファレンスinおおいた)

教育財務課

教育の情報化

講師紹介(第6回 教育情報化カンファレンスinおおいた)

「第6回 教育情報化カンファレンスinおおいた」にて講演・発表いただく先生方のプロフィール、子どもたちの発表内容をご紹介します。

講師

村上祐子氏

村上 祐子(むらかみ ゆうこ)
東北大学大学院 文学研究科 准教授

専門は情報哲学。東京大学教養学部、東京大学大学院を経て、フルブライト奨学生としてインディアナ大学大学院哲学専攻に留学し、博士課程修了。国立情報学研究所、東北大学大学院理学研究科を経て現職。

古新 舜氏

古新 舜(こにい しゅん)
映画監督・コミュニケーションデザイナー コスモボックス株式会社 代表取締役

学生時代にいじめや引きこもりを経験。
大手予備校物理科講師を10年勤め、現在は映画監督となり、映画を通じてコミュニケーションを育むことをテーマに活動をしている。新聞などメディア出演や講演会活動を積極的に行うと共に、学生や社会人向けに“映画×アクティブ・ラーニング”ワークショップを全国で展開している。

松岡 祥仁氏

松岡 祥仁(まつおか よしひと)
株式会社CLOUD-IA 代表取締役

複数のIT系企業を渡り歩き、クリエイティブ・ディレクターなどを経験し2013年7月株式会社CLOUD-IAを設立。ベンチャー企業のスタートアップや中小企業のIT活用経営などのコンサルを得意とする。熊本地震の際は、合志市の自宅で被災、自治会による避難所運営、避難者支援、阿蘇地域における復興支援(経営相談)などに従事。

実践発表

日野 沙織氏

日野 沙織(ひの さおり)
大分県立杵築高等学校 教諭

大分県立杵築高等学校に勤務して3年目。本校では今年度より、タブレット端末と電子黒板を活用した授業改善に取り組んでいます。校内では情報化推進チームを結成し、ICT機器を活用した授業実践について研究しています。生徒の興味・関心を高め、主体的に学習に取り組む力の育成を目指した授業づくりに日々励んでいます。

窪 倫子氏

窪 倫子(くぼ みちこ)
大分県立別府支援学校石垣原校 教諭

別府支援学校石垣原校勤務2年目。別府支援学校石垣原校に赴任し病弱の児童の担任になり、ベッドサイドでの授業を行うようになりました。それまでは、子どもが主体的にICTを活用し、自分の力を伸ばすことができるよう支援、指導をしてきましたが、ベッドサイドの授業では病室と学校をつなぐための道具としてICTを活用するようになりました。

竹内 妙子氏

竹内 妙子(たけうち たえこ)
九重町立飯田小学校 教諭

飯田小学校勤務3年目。飯田小は3年前、ICTの効果的な活用方法を探る町指定研究を受け、iPadを初めて使うようになりました。使うほどに面白さと便利さ、子ども達の意欲や表現力がUPしていくことを実感しています。今年度、低学年での効果的な活用方法を模索しながら、楽しい授業づくりをめざしています。

子ども

玖珠町立八幡中学校 生徒会執行部

発表タイトル:
生徒会活動におけるICTの可能性
内容:
校内のipad台数が増え、授業で多く活用されるようになりました。そんななか、ipadで先生が授業をすすめるだけでなく、生徒会活動の中で自分たちがいかに使うことができるか。今の自分たちにできるICT機器の最大限の活用方法について考えました。

大分県立大分舞鶴高等学校 3年生

発表タイトル:
高崎山のサルはヒトをどう見ているのか?~餌付けされたニホンザルのヒトに対する行動分析~
内容:
大分舞鶴高校科学部生物班では、7年前から高崎山自然動物園でニホンザルの行動研究を行っています。昨年度は、高崎山のサルが人間に対してどのような行動を起こすのかを調査し、餌付けされることによって生じたサルの行動変化を研究しました。

教育情報化カンファレンスのプログラム
教育情報化カンファレンスへの参加申し込み(別のウィンドウで開きます)

お問い合わせ先

教育財務課 情報化推進班
TEL 097-506-5464
Email zaimu@oen.ed.jp